子どもの自己肯定感も育つ、優しいコミュニケーション。それは・・・

認めらえる気持ちを覚ることは、子どもの自己肯定感が育つことにもなります。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「愛情あふれる笑顔が、子どもの笑顔も作ります。」

 

幼児から小学生を子育て中の秋田のお母さんの笑顔を作る、親子コミュニケーション専門心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

普段の会話で、相手の話を受けとめることは、その場を和やかに、円滑にする優しいコミュニケーションです。

 

わたしたちには、承認欲求というものがあります。

 

共感してほしいとか、認めてほしいというものです。

 

その認められる気持ちを覚えていくと、自己肯定感が育つことになります。

 

ときどき、子どもは「みてみて~」とか、「すごいでしょ!」と言ってくることがありませんか。

 

そのときに忙しい手をちょこっと休めて、「うん、うん」とか「すごいね!」って話を聴いてあげると、娘はイキイキとした表情で喜んでいました。

 

 

大人でも「そうなんですね」といったように、話を聴いてもらえると嬉くなるものですよね。

 

自分の意見や考えを伝えるのは、話を聴いて、共感して、認めてから。

 

相手の話を受けとめることは、その場を和やかに、円滑にする優しいコミュニケーションです。

 

「心のしくみで楽しくスプーンを曲げるお茶会」開催のお知らせ

 

できないと思ったことでも、こころの中の思い込みをはずすと、楽しく実現できるのを体験してみませんか?

 

日時:2020年 3月 15日(日)10:00 ~ 12:00

場所:秋田市にぎわい交流館AU

住所:秋田市中通一丁目4番1号      

会費:1000円(当日会場にご持参ください)

定員:6組様 

親子でも、お母さんだけでも、どちらでもご参加いただけます。

お茶会参加お申し込みフォーム