身近な人にも確実に届けたい大切なメッセージ

感謝の気持ちを伝えることは、心地好い関係であるために欠かせないものです。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「愛情あふれる笑顔が、子どもの笑顔も作ります。」

 

幼児から小学生を子育て中の秋田のお母さんの笑顔を作る、親子コミュニケーション専門心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

先日、私が帰宅して洗面所に行くと、次女がお風呂を洗ってくれていました。

 

何の曲かは分からなかったのですが、扉越しに聞こえてくる歌声。

 

私がお風呂場の扉をノックした後に開けると、次女は「びっくりした〜」と驚いた様子でした。

 

「お疲れさま、ありがとね」と伝え、右手の親指を立てたら、少し、はにかんだように頷いた次女。

 

お手伝いをしてくれたことも嬉しかったのですが、私が声を掛けたあとに、お風呂を洗う娘のうしろ姿がなんともめんこくて・・あらためて、娘の存在のありがたさを、しみじみ感じました。

 

夕食時には、長女が、次女のごはんのおかわりを持ってきてくれたのですが、そのことに「ありがとう」と伝えていた次女。

 

娘たちのやりとりを見て、さわやかな気持ちになりました。

 

身近な人には、照れる気持ちもあって、言わなくてもわかってもらえるだろう・・・

 

そのように思うこともあるかもしれませんが、もし、相手に伝わっていないとすれば、それは、もったいないことだと思います。

 

感謝の言葉を伝えることは、心地好い関係であるために欠かせないものだと、あらためて思った出来事です。

 

秋田  親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション