「なんだかな〜」と気持ちが沈みがちなときにオススメの応急処置です。

「さて、やるか」と思考を切り替えて、今やることに気持ちを向けています。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「愛情あふれる笑顔が、子どもの笑顔も作ります。」

 

幼児から小学生を子育て中の秋田のお母さんの笑顔を作る、親子コミュニケーション専門心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

普段の生活のなかでは、辛いことがあったり、モヤモヤしたり、何かを考え込んでしまうこともありますよね。

 

そんなときは、下を向いてしまいがちで、呼吸は浅くなっています。

 

呼吸が浅いと、疲れやすくなったり、雑念が多くなったり・・といった傾向になりがちです。

 

ときには煮詰まることもありますが、そんなときは、ひとまず立って深呼吸。

 

足を肩幅ほどに開いて立ち、背筋を伸ばして、足の裏で地面(床)を感じます。

 

視線は少し斜め上に向けて、下腹を意識しながら、口から「ふ~~〜〜っ」と息を吐いていきます。

 

吐き切ったら鼻から吸って、また口から「ふ~~〜〜っ」と吐いていく・・

 

息をながめに吐いているうちに、身体が緩み、心がゆったりと落ち着いていくのが感じられます。

 

なんだかな〜というときは、ひとたび深呼吸。

 

ストレスが和らぎ、「さて、やるか」と思考を切り替えて、今やることに気持ちを向けています。

 

脳と心と身体はつながっているんですね。

 

へば、また〜

 

秋田  親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション