ついつい考え込んでしまうことから抜け出すには・・

五感を使って感じているうちに、心が落ち着きてきたり、頭がスッキリしたりと、リフレッシュしています。

 

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「愛情あふれる笑顔が、子どもの笑顔も作ります。」

 

幼児から小学生を子育て中の秋田のお母さんの笑顔を作る、親子コミュニケーション専門心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

自分が感じていることを意識するのは、今を生きるために大切なことかもしれません。

 

何かを考え込んでしまうときは、「あのとき、こうすればよかったかな」という過去のことだったり、「◯◯になったら、どうしよう」などと、未来のことに思いを巡らすことが多いと思います。

 

それらは、次の行動につなげるために必要なものですが、考え過ぎるのは、悩みやすさに繋がりかねません。

 

私たちが生きているのは、いま現在。

 

私自身、ときおり、今を感じることに集中しながら、心を穏かにしています。

 

例えば、歩きながら、ぽかぽかした陽差を肌で感じたり、窓から外を眺めて、澄んだ青空を眺めたり・・

 

コーヒーの香りや味わいを楽しんだり、歌詞のないお気に入りの音楽を聴いたり・・

 

自分が心地好さを感じるものを取り入れて、五感を使って感じているうちに、心が落ち着きてきたり、頭がスッキリしたりと、リフレッシュしています。

 

「よしっ!」と、前向きな気持ちになるのは嬉しいことです。

 

自分が感じていることに意識を向けるのは、今を生きるために大切なことかもしれません。

 

 

秋田  親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション