ブログカテゴリ:親子コミュニケーションのコツ



2019/09/15
子どもは、お母さんや第一養育者との体験で感覚を身につけていくとされています。食卓で「おいしいね~」と、言葉をかわしながら食事をすると、食べることと一緒になった楽しさも、身体で覚えていくようです。

2019/07/31
あの日、あのときの「おいしかったな~」という記憶から、食べていたときの光景のことを思い出したりすることがあります。それはきっと、食べたときの雰囲気が楽しかったり、心地よかった・・ということと、つながっているのかもしれません。

2019/03/22
「いけないことは、いけない」と教えることは大事ことですが、避けたいのは、気分や感情のままに「怒る」ことです。思うようにならないから、イライラするからと、そのうっぷんを晴らすかのように不満をぶつけてしまっては、子どもの気持ちが離れてしまうことにもなりかねません。

2019/03/09
幼児期の子どもは、好奇心にあふれて、いろいろ実験しながら、ちっちゃな失敗をくり返します。それで取り返しのつかないことが避けられるようになるので、嘆くことではないようです。

2019/02/12
娘から誘われたのがきっかけでしたが、テレビ番組や動画を一緒に観るときよりも、心の距離が近くなるように感じます。

2019/01/07
子育てでは、事実を伝えることでも、子どもは関心を持ってくれていることを実感して、嬉しくなったり安心したりするかもしれません。

2018/11/28
個人事業主となってからは、土日に仕事をするようになり、子どもと遊ぶ時間が減ってきました。今は短くても、一緒の時間を思いきり楽しんでいます。

2018/10/24
子育てにおいては、ややもすると、長所をあたりまえとして見過ごし、つい、短所のほうにビンカンになってしまうことも。子どもとの心地良いコミュニケーションのコツとは・・

2018/09/26
子育てをしていると、きちんとしつけなくては・・という思いから、つい、子どもに感情的になってしまうことも少なくないかもしれません。子どもへの注意で気をつけたいポイントとは・・

2018/09/20
つい、子どもに「何で、◯◯するのッ!(◯◯しないのッ!)」と感情をぶつけてしまいうことは、誰しもあるのかもしれません。子育てにも活用できる気持ちの伝え方とは・・

さらに表示する