嬉しさが増えているその理由とは・・

不快な気持ちとのバランスをとることは、自分にとって優しい生き方なのかもしれませんね。

 

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

「愛情あふれる笑顔が、子どもの笑顔を作ります。」

 

幼児から小学生を子育て中の秋田のお母さんの笑顔を作る、親子コミュニケーション専門心理セラピスト 佐々木公也です。

 

嬉しく感じたことを言葉にしています。

 

普段のちょっとした嬉しさを言葉にすることで、私自身、喜びや幸せを感じやすくなっています。

 

嬉しい気持ちを表現しながら、怒りや悲しみ、不安といったものとのバランスをとっているところです。

 

一説よると、実はほとんどの人が「ネガティブ思考」とのこと。

 

~ここから引用~

 

アメリカの心理学の研究によると、人間は1日におよそ6万個の物事を考えると言われています。

 

睡眠を除くとほぼ毎秒、何かを考えているのです。

 

そしてほとんどの人間がその6万回のうち、95%昨日と同じことを考えていて、80%はネガティブなことを考えているとのこと。

 

~ここまで引用~

引用元:人間は 1日 6万回考えてる!? - TOKYO FM

 

 

ネガティブ思考ときくと、よくないものと思いがちですが、「〇〇になったら大変・・」「〇〇かもしれない・・」と考えるからこそ、そうならないたの準備や工夫をすることもできます。

 

ネガティブ思考は、決してダメなものではありませんが、心配事や不安なことばかりを考えていては、幸せや喜びを感じにくくなってしまいかねません。

 

そこで、気持ちのバランスをとるために、嬉しく感じたことを言葉にしています。

 

例えば・・

 

ごはんを食べているときに「うま~っ」

 

お風呂につかりながら「気持ちいいな~」

 

赤くなった朝焼け雲を見て「キレイだな~」

 

お気に入りの音楽を聴いて「いい曲だな~」

 

あえて言葉に出すことで、幸せや喜びを感じやすくなり、嬉しさが増えているこの頃。

 

不快な気持ちと嬉しさのバランスをとることは、自分にとって優しい生き方なのかもしれませんね。

 

 

心のしくみで『楽しくスプーンを曲げるお茶会』開催のお知らせ

 

 「私にもできた!!」という「嬉しさ」や「楽しさ」を感じてみませんか?

  • 日時:2020年 1月 12日(日)10:00 ~ 12:00
  • 場所:中央市民サービスセンター(センタース)
  • 住所:秋田市山王1丁目1-1(秋田市役所 3階)
  • 参加費:1000円(当日ご持参下さい) 
  • 定員:6組  残席3組様
  • 親子でも、お母さんのみでも、どちらでもご参加いただけます。
  • お茶会参加お申し込みフォーム

 

 

秋田 親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション