「ちゃんと」した子育ては、苦しいものになりがちです。

子どもの個性を受けいれながら、その成長を信じて見守り続ける「保護者」というあり方が大切なのでしょう。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子どもは、親(養育者)に受けいれられると「安心」を感じることができます。

その安心感から自尊心が育ち、自信が得られ、主体性をもつことで親からの「自立」へと向かいます。

 

ところが、子育ては順風満帆とはいかず、他の子どもとの違いが気になったり、「私の子育て大丈夫かな?」って、思うこともありますよね。

 

そんなときに、できている子どもと比べてしまったり、育児書や子育ての本を読んで「書いてあるようにしなければ・・」となると、ストレスや悩みが増えることになってしまいます。

 

「あるべき姿」というものを持ちすぎると、「ちゃんと」という気持ちから、不安になったり、感情的にジャッジしてしまうことにもなりかねません。

 

理想と比べて、ミスや落ち度がないか・・ジーーっと監視していることになると、子育てが苦しいものになりがちです。

 

完璧な親も存在しないし、完全な子育ても存在しない・・

 

子どもの特徴というは、きょうだいであっても、それぞれ違っています。

 

ミルクを飲むときに、勢いよく一気に飲み干すコ(ウチの長女)もいれば、休み休みで飲み終えるまで時間がかかるコ(こちらは次女)もいます。

 

人懐っこくて、自分から積極的に前に出ていく子ども、周りの様子をじっと観て、親のそばにいる子ども・・

 

歌や踊りが得意なコ、お人形さん・ぬいぐるみと遊ぶのが好きなコ・・

 

滅多にカゼをひかないような子どももいれば、病気がちな子どももいます。

 

私自身、子どもたちと接しているなかでも、右へならえのようにはいかないのが子育てだと実感しています。

 

その個性にまったく同じものはないので、子育てにはコレといった正解はないのかもしれませんし、他と比べる必要もないかもしれません。

 

何かと手のかかるお子さんというのは、その分、親の愛情を受けとることができるともいえますし、「私の子育て大丈夫かな?」と思うのは「責任感をもって子育てをしている」ということではないでしょうか。

 

よくよく考えてみると、完璧な人間はいませんので、完璧な親も存在しないし、完全な子育ても存在しない

 

子どもの心は、正しさよりも親の愛情で育つものであるなら・・

 

子どもの個性を受け容れながら、その成長を信じて見守り続ける「保護者」というあり方が大切なのでしょう。

 

 

 

9月25日(水)『思わずほっこりするお茶会』開催のお知らせ

  

    子育て中のお母さんが「嬉しさ」をお持ち帰りいただくお茶会です。

秋田 親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション