子育てで怒りや不安を感じるのは「ダメなこと」って本当でしょうか?

感情や気質を「どう活かすか」が、誰しも持っているテーマかもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

感情は、感じていいものですし、ダメなものはありません。

 

健康であれば、すべての感情をバランスよく感じると言われています。

 

「怒り」「悲しみ」「不安」「怖れ」・・・

 

これらはマイナスなものと一括りにされがちですが、感情そのものに、プラスとかマイナスという「評価」はいらないのかもしれません。

 

すべての感情は在っていいものです。

 

感情は、それぞれに役割があります。

 

例えば、怖さを感じるからこそ無茶をせず、大ケガをしなくて済んだり、悲しみや寂しさを知っているからこそ、人に優しく接することができるのではないでしょうか。

 

不安だからこそ準備や努力、工夫をするという側面もあります。

 

それぞれの感情が揃っていることで、わたしたちの心は守られている・・と言っても、過言ではないかもしれません。

 

しかし「感情の出し方」によっては、良し悪しが生まれることもあります。

 

そのひとつは、子どもに向けて、むやみにイライラをぶつけることです。

 

行き過ぎた「言葉の暴力」や「体罰」は、子どもの脳を傷つけることが、福井大学の 友田 明美 教授と米国ハーバード大学との共同研究によって報告されています。

 

子どもとの接し方には、特に注意が必要かもしれません。

 

感情は活かし方次第で強みになります。

 

怒りを感じやすい方は、愛する者を守るときのエネルギーも強いと言われていますが、そのエネルギーは、子育てに欠かせないものです。

 

子どもを安全に育てるためには、親が守ってあげる場面がたくさんありますよね。

 

今ココで必要だから沸き起こる・・・そのときの瞬発力は、怒りのエネルギーに似ているものです。

 

感情は、活かし方次第であり、本来持っている気質は、個性や強みになると思っています。

 

この感情や気質を良し悪しで評価するのではなく、感情のバランスをとりながら「どう活かすか」というのが、誰しも持っているテーマかもしれません。

 

秋田 親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション