子どもにはイラっとするし、ムカつく・・けどやっぱり、めんこいものです。

子どもが個性を活かして、健やかに育ってほしい・・

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

ときどき、子どもたちの言動や態度にイラっとすることがあります。

 

親として叱ることがありますが、「なんで、そんなことするんだ!」と、責めるような気持ちから、「こらっ!」とシンプルな怒りに変わってきています。

 

それは、過去にフタをしてきた感情や、しがみついていたものを、心理セラピーをとおして向き合ったからです。

 

自分自身を受けいれ、思い込んでいたことが外れていくなかで「こうでなければ」という気持ちが緩んでいったのでしょう。

 

ガミガミ怒っていました。

  

「べき」や「ねばならない」といった自分の理想像やマイルールは、個性や強みとして活きることもあります。

 

けれども、その気持ちが強くなりすぎてしまうと、自分や他者へのダメ出しというカタチで現れやすくなるものです。

 

長女が小さい頃は特に、「ちゃんと育てなければ」という気持ちから、ガミガミ怒っていました。

 

つい他の子と比べて、一喜一憂することも少なくありませんでした。

 

子どもに順調な成長を望むのが親心ですが、「ちゃんと」といった気持ちには、他の誰かの評価を気にしたり、自分が否定や指摘をされなたくない・・という気持ちがあったのでしょう。

 

しっかり育てなければ・・という気負いのようなものが薄れてからは、子どもが個性を活かして、健やかに育ってほしい・・というのが切なる願いとなっています。

 

とはいえ、子どもにはイラっとするし、ムカつくこともある・・けどやっぱり、めんこいものです。

 

秋田 親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション