子どもに教えたいことの一つは「気持ちいいな~」「おいしいな~」という心地よさです。

ちょっぴり心踊る体験の積み重ねが、子どもの心を育むことにつながるのでしょう。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子どもの頃に食べたお菓子を、大人になってから食べてみると、「そんなに、おいしいものでもなかったな〜」と思ったことってありませんか。

 

あの日、あのときの「おいしかったな~」という記憶から、食べていたときの光景のことをハッキリ思い出したりすることがあります。

 

それはきっと、食べたときの雰囲気が楽しかったり、心地よかった・・ということと、つながっているのかもしれません。

 

小さい頃に高熱で寝込んだとき、リンゴをすりおろしたものを食べて美味しく感じたのはきっと、そのときの母親の優しさが一緒にあったのでしょう。

 

五感とともに教えたい言葉の意味

 

発達心理学では、子どもは、お母さんや第一養育者との体験で感覚を身につけていくとされています。

 

例えば、一緒にお風呂に入りながら、笑顔で「気持ちいいね~」と子どもに話しかけて、五感を言葉で教えると、子どもは「これが、気持ちいいってことなんだ〜」と、その言葉の意味を身につけていきます。

 

食卓で「おいしいね~」と、言葉をかわしながら食事をすると、食べることと一緒になった楽しさも、身体で覚えていくようです。

 

すがすがしい朝の空気を吸いこみながら、朝陽やそよ風にあたり「気持ちいいな~」という感覚を体験する・・

 

散歩しながら、道端や庭先、公園に咲いている花をみて「キレイだね〜」と感じたり、ときにはその花の香りをかいでみる・・・

 

「気持ちいいな~」とか「おいしいな~」といった心地よさを感じることで、心が満たされて前向きになれることって、誰しも一度は経験しているのではないでしょうか。

 

そんな、ちょっぴり心踊る体験の積み重ねが、子どもの心を育てることにつながっていくのかもしれません。

 

秋田 親子コミュニケーション カウンセリング・心理セラピーセッション