親子の信頼関係を深めるために使い分けたいものは「期待」と「要望」です。

親の要望を伝える以上に、子どもに期待して見守ることが、お互いにとって心地よい関係になるのでしょう。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

親の期待する姿勢が子どもに安心感を与えます。

 

親にとっても子どもにとっても、お互いのために、要望する以上に期待する気持ちを持つことが欠かせません。

 

子どもの成長を心待ちにする親の姿勢は愛情として伝わり、安心感を与えることになります。

 

その安心感が、親子の信頼関係を築いていくのでしょう。

 

親の期待に応えようと、子どもはがんばっています。

 

わが子には「こんなふうに育ってほしい」「こうあってほしい」といった『期待』というは、親として当たり前のようにあるものですよね。

 

それは愛するからこその気持ちですが、その思いが強すぎて【要望】になると、子どもはそれをプレッシャーに感じてしまいます。

 

辞書によると、

 

期待とは、「あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。当てにして心待ちにすること」

 

要望とは、「物事の実現を強く求めること」

 

( goo国語辞書より引用 )

 

となっています。

 

子どもは、お母さんやお父さんのことが大好きです。

 

親の期待に応えようと、がんばっています。

 

しかし、求める気持ちが強くなり、あまりキツく叱ってしまうと、「自分はダメな子なんだ」「わたしのことがキライなんだ」と自分を否定してしまったり、親に見捨てられたような気持ちを抱いてしまうことになりかねません。

 

小さい頃から聞き分けのいい子になるように・・とか、勉強や習い事、スポーツがよくできるように・・と、親の要望を伝えすぎると、子どもは息苦しくなってしまいます。

 

その気持ちは、すでに知っているものかもしれません。 

 

結果を急いで求めると苦しくなりました。

 

長女が園児のときには、はやく読み書きや、計算ができるようにと教えていたことがあります。

 

子どものためと思って、「これやってみようか」と、買ってきたドリル。

 

わからないときには、丁寧に教えていたつもりでしたが、子どもにとっては、すぐに理解できないこともしばしばです。

 

思うようにいかないときには、だんだんイライラしてきます。

 

「これはできるはず」という気持ちが強いと、それができないときは、「なんで、できないの!」といった気持ちになり、表情も語気も厳しいものに・・

 

娘にとっては「圧」を感じて、決して楽しくはなかったでしょうし、私自身も、親として望ましい結果を急いでいたときは、苦しさがありました。

 

何事も多すぎすと、副作用が起きることにもなりかねません。

 

子どもに順調な成長を望むのが、親心でもあります。

 

一方で、子どもが望んでいるのは何か?を考えると・・・それは、親の愛情ではないでしょうか。

 

子育てでも「こうすればよかったかな」というのもありながら、親としての在り方を学び続けている現在・・

 

今がんばっていることや、できていることに目を向けて、OKを出して子どもを励まし、応援しています。

 

中学生となった長女は、勉強や部活を自主的に取り組むようになり、頼もしさが感じられるようになりました。

 

思春期で、反抗的なときもありますが、食事のときなどに、親子の会話を楽しんでいるところです。

 

ときには、しつけとして、よくない行為を叱ったり、アドバイスを伝えることも必要ですが、薬にも適量があるように、何事も多すぎると、親子関係がギクシャクしたものになるといった副作用が起きることにもなりかねません。

 

親の要望を伝える以上に子どもを励まし、期待して見守ることが、お互いにとって心地よい関係になるのでしょう。

 

 

  

7月18日(木)『思わずほっこりするお茶会』開催のお知らせ

  

    「嬉しさ」や「あたたかい気持ち」をお持ち帰りいただくお茶会です。

 

 

7月23日(火)『思わずほっこりするお茶会』開催のお知らせ

  

    「自分の知らない自分」を発見する機会にもなっています。

秋田 advance garden  カウンセリング・心理セラピーセッション