親子の絆を深めているシンプルな儀式

ささやかな親子のふれあいを感じる、お出かけ前のスキンシップ

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

長女が幼稚園に入る以前・・10年ほど前から続けている儀式があります。

 

それは、子どもたちと、手と手を合わせることです。

 

イェーーイ!といったノリでもなく、ゆるめなカンジで続けています。

 

お互いの温もりを感じるスキンシップ

 

スキンシップは、お互いの温もりを感じて、親子の愛情が深まるものです。

 

親しい人とスキンシップをとると、愛情ホルモンであるオキシトシンが分泌され、幸せや安らぎを感じやすくなったり、人間関係が良好になりやすいといった効果があります。

 

手と手を合わせているのは、子どもたちが、朝、学校に行くときです。

 

その日の無事だったり、今日という一日を愉しめるように・・そんな想いを込めて、右手を出しながら「いってらっしゃい」の声がけ。

 

バシっ!となるときもあれば、パンとゆるい感じだったり、ただ手を添えるようなときと、その日によって、感触はさまざまです。

 

ときには、元気がなかったり、なんとなく気が乗らない、といったときもありますが、子どもの気持ちを察する機会にもなっています。

 

手を合わせたときの状態によって、ほっこりしたり、案じる気持ちになったりしながら、後ろ姿を見送っているところです。

 

長女は中学生なので、抱っこやおんぶをすることもありませんし、一緒に遊ぶことが少なくなっている現在・・

 

お出かけ前のスキンシップが、ささやかな親子のふれあいになっていることを実感しています。

 

私が大切にしていることの1つです。

 

 

advance GARDEN カウンセリング・心理セラピーセッション