子どものこころに寄り添うことの大切さ

子どもには、自信を持ってのびのび育つことで幸せな人生を歩んでほしい。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

ありのままの思いを受け止めてもらえる安心感と信頼感

 

我が子には、自信を持ってのびのびと育ってほしい・・というのは、子どもを持つ親として共通する想いではないでしょうか。

 

子どもの自信を育てるには、子どもの言葉や思いに耳を傾けるのも大切なことの1つです。

 

子どもは熱心に話しを聞いてもらい、自分が認めてもらえていると実感することで、愛されていることを理解し、自信を持ったり、自己肯定感が高まったりすることは、発達心理学において、いわれてることです。

 

愛情あるコミュニケーションで、ありのままの思いを受けとめてもらえるという安心感や信頼感が、自信を育んでいきます。

 

気持ちが理解されたときに感じる生きる力

 

子どもは親とコミュニケーションがしたいものだと、私自身の子どもたちを見ていて、そのように思うことがしばしばあります。

 

何気に母親に近づいては、話しかけたり、ときに抱っこをせがんだり・・・

 

子どもの日常のちょっとした出来事を、「そうなんだ〜」などと相づちしながら、話を聞いてあげることでも満足したり、喜んだりしているようです。

 

いろんなことを話せるのは、相手を信じているからであり、そのままを受け容れられることが、心のゆとりや自信になっていきます。

 

子どもが気持ちを伝える場というのは、不可欠なものなのでしょう。

 

就学前後や学童期の子どもは、まだ判断力が低いので、間違ったことをしたり、危険なことをしようとするような場合は、注意をすることも必要です。

 

しかし、それ以上に、子どもを評価したり、判断しないで、ただ話を聞いてあげることが大事なんだな・・と、日常をとおして実感しているところです。

 

大人も、友人や家族など、親しい人とのコミュニケーションで気持ちが理解されたときに、生きる力が感じられたという経験は、誰しも持っているのではないでしょうか。

 

子どもも、情報の交換よりも、気持ちを共有したり、こころをふれ合わせたいものなのでしょう。

 

「自信を持ってのびのび育つことで幸せな人生を歩んでほしい」

 

その想いを実現するには、愛情をもったコミュニケーションが、子どもにも親にも欠かせないのかもしれません。

 

 

第2回 『心理セラピー公開セッション IN 秋田』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。

 

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

秋田  親子コミュニケーション カウンセリング・心理セラピーセッション