子どもが伸び伸び育つために必要な「親の眼差し」とは・・

そのときそのときの、子どもの「時期」を飛ばさずに過ごすことが、子育ての大事なポイントかもしれません。

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子どもは、3歳の終わりくらいから、どんどん活発になっていきます。

 

好奇心にあふれて動き回るので、親としてはケガをしないか、迷子にならないかと、心配になることも少なくないかもしれません。

 

いっぽうでは、子どもの成長をたくましく、また微笑ましく感じたりもするのではないでしょうか。

 

この頃の子どもは「自発性」を発揮していくステップに進んでいきます。

 

生まれてから1歳半ぐらいまでは、周囲の人に依存しながら、基本的な信頼感を身につけていって、つづいて3歳すぎまでは自律心を身につける時期です。

 

このときに、あまり厳しくしつけをしたり、泣いてもあえて抱かなかったり・・ということをすると、子どもは「自分には価値がないのでは」という疑いの気持ちを持ってしまうことにもなりかねません。

 

なので、例えば、泣いたら抱っこしてあげるといった、子どもが求めていることを、できるかぎり繰り返してあげると、子どもは安心して、自分や他人に対しての「信頼感」を知っていきます。

 

その信頼感が「自律心」を育てて、自発性や主体性といったものが生まれていくようです。

 

どんな子どもでも、必要なステップを踏んでいくことで発達していくもの

 

意味もなく突然走り出したり、階段や小高い所にやたらとのぼり、飛びおりる・・などというのは、活発な活動がはじまったときの子どもの特徴のようです。

 

大人からするとエネルギーの無駄づかいのように見えることもありますが、危険がないようであれば、それらも順調に育っているものとして見守っていく親の眼差しが、子どもにとって必要かもしれません。

 

 

第2回『 心理セラピー公開セッション in 秋田 』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。

 

 

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

 

秋田 親子コミュニケーション  カウンセリング・心理セラピーセッション