怒りや不安といった感情・感覚を「ネガティブ」と評価していませんか?

感情や気質というのを良し悪しで評価するのではなく、それを「どう活かすか」というのが、誰しもが持っているテーマかもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

感情にダメな感情はありません。

 

「怒り」「悲しみ」「不安」「怖れ」・・・

 

これらは、ネガティブなものと一括りにされがちですが、感情にネガティブとかポジティブとかという「評価」はいらないのかもしれません。

 

すべての感情は在っていい

 

感情は、それぞれに役割があります。

 

例えば、怖さを感じるからこそ無茶をせず、大ケガをしなくて済んだり、悲しみや寂しさを知っているからこそ、人に優しくなれたりします。

 

不安だからこそ準備や努力、工夫をするという側面もあります。

 

それぞれの感情が揃っていることで、わたしたちの心は守られている・・と言っても、過言ではないかもしれません。

 

「すべての感情は在っていい」という前提で、感情のバランスを保っていくことが、生きやすさにつながっていくのだと思っています。

 

しかし、「感情の出し方」によっては、良し悪しが生まれることもあります。

 

例えば、イラっとしたときに、子どもへ感情をぶつけること

 

行き過ぎた「言葉の暴力」や「体罰」は、子どもの脳を傷つけることが、福井大学の友田 明美(ともだ あけみ)教授と米国ハーバード大学との共同研究によって報告されています。

 

子どもとの接し方には、特に注意が必要です。

 

子どもを守るときのエネルギー

 

感情は、活かし方次第です。

 

怒りを感じやすい方は、愛する者を守るときのエネルギーも強いと言われています。


子どもを安全に育てるためには、親が守ってあげる場面が、たくさんあるのではないでしょうか。

 

そのときに必要な瞬発力は「怒りエネルギー」に似ていています。・・必要なものなのです。


本来持っている気質は、個性や強みとも言えます。

 

その感情や気質というのを良し悪しで評価するのではなく、それを「どう活かすか」というのが、誰しもが持っているテーマかもしれません。

 

 

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

 

 

第2回『 心理セラピー公開セッション in 秋田 』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。

advance GARDEN カウンセリング・心理セラピーセッション