子どもたちへのメッセージ「自分に向くか向かないかというよりも、自分が好きなものをみつけてほしい」

「熱中できるもの夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけてほしい」という、イチローさんの言葉が胸に響いています。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

 

先日、現役引退を表明されたイチローさん

 

たまたまテレビをつけたときに、ある番組で記者会見を行うとの情報があったので、「まさか・・」と衝撃を受け、動揺したのを覚えています。

 

深夜の会見をリアルタイムで観ていましたが、とても真摯に、真心をもって質問に応えている姿が印象的でした。

 

あらためて、動画で引退会見を見返して、イチローさんの深みのある言葉が、また胸に響いています。

 

84年間破られることのなかった、大リーグのシーズン最多安打記録を更新したり、前人未到の10年連続200安打を達成したりと、数々の偉業を打ち立ててきた人が語るものには、大切にしたいことがたくさんありました。

 

その中でも、印象に残っていることの一つが、子どもたちへのメッセージです。

 

------------------------------------------------------

 

野球だけでなくてもいいので、熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけてほしい。

 

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける、と思う。

 

それが見つけられないと、壁が出てくると、あきらめてしまうことがある。

 

いろんなことにトライして、自分に向くか、向かないかというよりも、自分が好きなものをみつけてほしい。

 

-----------------------------------------------------

 

・・といったことを、おっしゃっていました。

 

親子コミュニケーション心理セラピストとして、また一人の親として、その言葉にとても共感しています。

 

子どもたちが、自分なりの夢や願望に向かって励んでいくように、より精力的に活動いくことを、あらためて心に誓いました。

 

プロ野球選手としての姿を見ることができないのは、とても寂しい気持ちがありますが、たくさんの感動と勇気をいただいたことに感謝しています。

 

イチローさん、ありがとうございました。

 

 

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

 

 

第2回『 心理セラピー公開セッション in 秋田 』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。

 

 

advance garden カウンセリング・心理セラピーセッション