しつけで大事にしたいのは、子どもがわかるように教えること

感情を吐き出すように怒るのではなく、子どものためを思ってよくない行いを叱る

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子育てをしていると、子どもの行動や言葉、態度にイライラすることがありますよね。

 

きちんと育てなくては・・という思いから、つい、子どもに感情的になってしまうことも少なくないかもしれません。

 

しつけは、親として子どもの健やかな自立を手助けするために必要なこと

 

ですが、避けたいのは、気分や感情のままに「怒る」ことです。

 

思うようにならないから、イライラするからと、そのうっぷんを晴らすかのように「なんで、いつもそんなことするの!」などと不満をぶつけてしまっては、子どもの気持ちが離れてしまうことにもなりかねません。

 

叱ることは、子どもに教えること

 

「いけないことは、いけない」と教えるのは大事ことです。

 

しつけをするのは 、子どもに「より良くなってもらいたい」という思いがあるからではないでしょうか。

 

その気持ちで、なぜ厳しい口調で話しているのか、やってはいけないことを子どもがわかるように教える

 

「あなたはダメな子ね!」などといった、何気ない一言で、子どもが自信をなくしたり、人としての価値に裁きを与えてしまうのは、悲しいことです。


少しキツかったかな・・と思ったときは、何かしらのフォローをする(小さい子は抱っこをしたり、大きくなったお子さんであれば、背中や頭をポンポンしたり・・)

 

そして、叱ることは必要ですが、それ以上に、普段から子どもを「認める」のも忘れずにしてあげたいことでもあります。

 

子どもの特徴として、忘れたり、同じことを繰り返したりもしますが、そのときも諦めずに何度も教えていく

 

そのことで「あなたのことが大事なんだよ」というメッセージが伝わるのかもしれません。

 

 

 

 

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

 

 

第2回『 心理セラピー公開セッション in 秋田 』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。

 

advance garden  カウンセリング・心理セラピー