泣くことの意味を理解しようとする親の気持ちが、子どもの成長の糧になる

子どもの「言葉で伝えられない気持ち」を汲みとろうとすることが必要かもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子どもはよく泣いたりします。ときには、大声で泣き出すこともあります。

 

そのことで、家事などのペースが乱される気持ちになったり、周りのことが気になったりして、イライラすることもありますよね。

 

「なんで泣くの」「みんなの前で困ったな〜」と、やめさせたくもなりますが、泣くことは「感情がある」ということではないでしょうか。

 

子どもにとっては、ストレス発散だったり、我慢している気持ちをわかってほしいというアピールだったり、不安感や怖いといった感情をコントロールしたり、言葉で表せない気持ちを出してるようです。

 

子どもなりに、何かしらの「泣く意味」があるとすれば、大人が感情を出せる場所をつくってあげることや、その理由をわかってあげようとすることが必要かもしれません。

 

例えば、小さな子どもが転んで泣いたときは、「だから気をつけなさいって言ったでしょ。いつまでも泣いてないで・・」というよりも、「あら、転んじゃったね。痛かったね~(びっくりしたね)」などと、子どもの気持ちを汲みとって、言葉にしてあげることで回復に向かい、落ち着きを取り戻していったりします。

 

大人も、つらいときに「そんなことを言っても仕方ないでしょ」と言われるよりも、「大変だったね 」などと、いったん受けとめてもらったほうが、前向きな気持ちになりやすいのではないでしょうか。

 

子どもは、泣くことで気持ちが整理されたり、心の痛手やストレスが癒されて、エネルギーが出やすくなるようです。

 

大人でも、泣いたあとにスッキリして元気になった・・という経験は、誰しもあるのかもしれません。

 

泣いている子どもの、その気持ちを察しようとする

 

「グズっているのは、日頃の不満を出しているのかも・・」

 

「シクシク泣いてるのは、自分の気持ちに気づいて欲しいのかな」

 

「ギャーーっと騒いで感情を発散しているのかもしれない」などと、子どもの発しているメッセージを感じるようにしてみる・・

 

そのことに慣れるのが、お互いの気持ちがラクになるコツなのかもしれません。

  

  

『ほっこりココロを充電するお茶会』 開催のお知らせ

  

    和やかな雰囲気のなかでココロの充電をしていただくお茶会です。

 

 

第2回『 心理セラピー公開セッション in 秋田 』開催のお知らせ

  

   普段目にすることが出来ない「心理セラピー」を目の前で体験していただけます。