親にとっても子どもにとっても、お互いのためになる心待ちにする気持ち

子どもの成長を見守る「親の待つ姿勢」・・その祈りような気持ちがあるからこそ、安心感を与えることになるのでしょう。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子どもは、お母さんやお父さんのことが大好きです。

 

その期待に応えようと、子どもは子どもなりに、がんばっています。

 

結果を急いで求めるのは、親としても苦しいもの

 

わが子に「こんなふうに育ってほしい」「こうあってほしい」という『期待』は、親として当たり前のようにあるものです。

 

それは愛するからこその気持ちですが、その思いが強すぎると、子どもはプレッシャーに感じてしまいます。

 

小さい頃から、聞き分けのいい子になるように、勉強や習い事ができるようにと、親の【要望】を伝えすぎると、子どもは息苦しくなってしまうのではないでしょうか。

 

思うようにならないときに、「なんで、できないの」といった感じで、あまりキツく叱ってしまうと「自分はダメな子だ」「親に見捨てられる」という気持ちを抱いてしまうことにもなりかねません。

 

私自身、長女が園児のときには、はやく読み書きや、計算ができるようにと教えていたことがあります。

 

ですが、結果を急いで求めるのは、親としても苦しいものでした。

 

要望するよりも「期待」してみる

 

私たち親にとっても子どもにとっても、お互いのために、要望するよりも、期待するのが大事なことかもしれません。

 

辞書によると、

 

期待とは、「あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。当てにして心待ちにすること」

 

要望とは、「物事の実現を強く求めること」

 

( goo国語辞書より引用 )

 

となっています。

 

その子なりの成長する過程があるとすれば、子どもを見守る「親の待つ姿勢」・・その祈りような気持ちがあるからこそ、子どもは「大切に思ってくれている」「愛されている」というが感じられ、安心感を与えることになるのでしょう。

 

同時に、「子どもは何を望んでいるのか」というのを問いかけてみる

 

子どもの話や、いうことも聞いてあげているかな〜

 

子どもの存在や、できていることを認めて、「がんばってるね」と心から応援してあげているかな〜

 

というのも気にかけながら、子どもとふれあう時間を過ごす・・・

 

そうすることで、子どもの自尊心や自信といったものが育っていき、親子の関係がより親密なものになっていくと、私は信じています。

 

 

心理セラピーセッション お問い合わせ