子どもに、ときにイラっとするし、ムカつくこともある・・・けどやっぱり、めんこい。

「なんで、そんなことするんだ!」というような気持ちから、「こらっ!」と、シンプルな感じに変わっているのを実感しています。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

自分を受け容れ、思い込んでいたものをはずしていく

 

ときどき、子どもたちの言動や態度にイラっとすることがあります。

 

ときに、親として叱るときがありますが、

 

「なんで、そんなことするんだ!」といった責めるような気持ちから、「こらっ!」と、シンプルな感じに変わっているのを実感しています。

 

それは、過去にフタをしてきた感情や、しがみついていたもの・・・そこを心理セラピーをとおして向き合ったこと

 

自分を受け容れ、思い込んでいたものをはずしていくことで、「こうあるべき」や「こうしなければ」というのが緩んでいったのでしょう。

 

 

自分の理想像やマイルール

  

べき」や「ねばならない」といった自分の理想像やマイルール

 

それらが個性とか強みとして活きることもあります。

 

けれども、そこが強くなってしまうと

 

自分や他者へのダメ出しというカタチであらわれやすくもなります。

 

長女が小さいときは特に、「ちゃんと育てなければ」という気持ちでした。

 

下の子ができると、お姉ちゃんなんだから・・という思いもありました。

 

 

子どもが個性を活かしながら、健やかに育ってくれることを望んでいます。

 

親としては、子どもに順調な成長を望むものですが、

 

「ちゃんと」といった気持ちには、他の誰かの評価を気にしたり、自分が否定や指摘をされなたくない・・という思いが混ざっていたかもしれません。

 

ついつい他の子と比べて、一喜一憂することも少なくありませんでした。

 

いまはそれが薄れて、子どもが個性を活かしながら、健やかに育ってくれることが望みです。

 

気負いのようなものがなくなり、じっくりと一緒に成長していこうと思っています。

 

子どもに、ときにイラっとするし、ムカつくこともある・・・けどやっぱり、めんこい。

  

そんなふうに、自分の心模様を愉しんでいるところです。