謝ることは負けること?・・非を認めるのは自分の価値を下げること?

素直に気持ちを伝えた事実に「自分が自分にOKを出す」スッキリ感があります。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也 です。

 

ふと、自分自身を振り返ってみると、妻へ素直に謝るようになりました。

 

 

謝ったあとは、モヤモヤした気持ちが軽くなり、清々しさを感じられるようになっています。

 

そのような変化があったのは、

 

心理セラピーで心のバランスを整えて、心のしくみを学んでいくなかで、弱さや不完全さを含めた自分自身を受け容れる気持ちが高まったからです。

 

 

自分を弁護していました

 

以前の私は、謝ることが苦手でした。

 

もちろん、仕事上のミスなどがあったときは謝りますが、妻にはなんとなく、「ごめんね」と言いづらいものがありました。

 

例えば、冗談で言ったひとことが、相手はそう受け取らずに、ご機嫌がナナメになることもあります。

 

そのときには、謝ったほうがいいと感じても、心の中では「そんなことでいちいちムキにならなくてもいいべ・・」って、自分を弁護していました。

 

そこには、「謝ったら負け」といった気持ちや、自分の非を認めるのは「自分の価値を下げること」という思い込みがあったかもしれません。

 

 

自分の気持ちに素直になる

 

言い合いになったときには、すぐに謝れないこともあります。

 

でも、その出来事を振り返って、反省することがあったな〜と思ったときは、そのことを率直に伝えているところです。

 

たとえ妻の態度がすぐに変わらなくても、気持ちを伝えた事実に「自分が自分にOKを出す」スッキリ感があります。

 

「したほうがいい」と感じているのに「しない」のは、本当の気持ちとは反対のこと

 

自分の気持ちに素直になることが、自分のことも相手のことも、大切にすることになるかもしれません