変わりたいのに変われないのは、◯◯な自分に価値がある?

変化のはじまりは、自分の心の奥にある気持ちに気づいて、理解して、そして自分を受け容れ認めていくことかもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

 

「変わりたいけど、変われない」というのがあるとすれば、

 

実は「このままがいい」というのが、心のどこかにあるかもしれません。

 

例えば、ダメでいることでかまってもらえたり、気にかけてもらえたりする・・

 

そんな思いが心の奥に潜んでいて、変わってしまったら「かまってもらえなくなる」という怖れがひょっこり現れて、ダメな自分でいることへのメリットを、無意識では感じていることがあります。

 

あるいは、

 

子どもの頃の出来事で、何かうまくいかない経験を繰り返したり、そのときの叱咤などで、自分の存在を低く評価してしまい、いつしか誰かの顔色を伺うようになったり、責められないように、見捨てられないように、傷つかないような選択を繰り返しているかもしれません。

 

 

アノ頃の自分の感覚を取り戻しながら、そこを活かしていく

 

もし、その感覚に苦しさを感じているのであれば、「そこ」に向き合ってみる、よい機会と捉えることもできます。

 

自分の心の奥にある気持ちに気付いて、理解して、そして自分を受け容れ認めていく

 

少しでも「そこ」が軽くなれば、気持ちがラクに感じられ、表情や行動も変わっていくのでしょう。

 

私自身、自分に ” もどかしさ ” を感じていましたし、現在のように顔を出してブログを書くことには、かなりの抵抗がありました・・・ 

 

心のブレーキを踏みっぱなしでしたが、心理セラピーで自分と向き合い、心のしくみを学び続けていることが、変化へとつながっていると実感しています。

 

変わることは、まるで別の人になるのではなく、

 

アノ頃の自分の感覚を取り戻しながら、そこを活かしていくことかもしれません。