自分の「パターン」に気付いて、脳を上書きしていく

姿勢を正して呼吸を整え、復活するための呪文を唱える

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

物事が思うようにいかないときに、「なんだかな~」・・といった感じで、考え込んでグルグルしてまう・

 

 

そんなときは、自分の中に「あるパターン」がありました。

 

そこに気付いたら脳を上書きして、グルグルすることから抜け出しています。

 

自分の中にあった「負のスパイラル」の3段活用?

 

「んん〜〜⤵︎」・「ア゛〜〜⤵︎」・「ヴ〜〜っ⤵︎」

 

ついつい考え過ぎているときに、私自身の心の中で呟いているものです。

 

そのときは、猫背になりつつ腰も曲がり・・肩が胸のほうに(内側に)入っています。

 

そして呼吸は浅く、伏し目がちに・・

 

すると、思考が「できない」「わからない」モードに入ってしまうのです。

 

悩み深さは、「んん〜〜⤵︎」<「ア゛〜〜⤵︎」<「ヴ〜〜っ⤵︎」

 

まさに、負のスパイラルの3段活用?・・・

 

 

まず姿勢と呼吸から整える

 

これらは自分のクセなので、思わずしてしまうこともあります。

 

ですが、ときどき自分の状態を意識してみて「ハッ・・」と気付いたときは、まず頭のてっぺんが天井からつられるイメージで背筋を伸ばし、胸を開いて、足の裏で地面を感じながら呼吸を整えているところです。

 

そのあとに、「フゥ~~っ⤴︎」と自分の中でテンションを上げ、やるぞスイッチをON

 

自分なりの呪文を唱えて復活しています。

 

脳と心と身体はつながっている

 

それは、本当のことでしたとさ・・