「なにが違うか、わかる?」と、子どもに聞かれて・・

子育てでは、事実を伝えることでも、子どもは関心を持ってくれていることを実感して、嬉しくなったり安心したりするかもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

以前に、下の子が廊下のカベをよじ登って遊んでいたときのこと。

 

(こんなカンジで・・)

 

右の足首の上には4〜5cmくらい、あや取り用の毛糸がグルグル巻かれていました。

 

その毛糸のことには触れずに、他の部屋へ移動しようと、子どもの下をくぐろうとしたとき

 

「なにが違うか、わかる?」と、聞いてきたので

 

「毛糸、巻きつけてるんだね」って答えたら、ニコッと満足気な表情に・・

 

 

気づいてくれた・・ということが、その人を認めていることになるのかもしれません。

 

そのときは、「カワイイね〜」「おしゃれだね」と、褒めたワケではないのですが、気づいていることが嬉しい・・といった様子でした。

 

大人でも、例えば・・髪をカットしたときに「髪、切ったんですね〜」と、ひとこと声をかけてもらうと、なんとな〜く嬉しくなったりも・・・

 

「ステキですね」「似合ってますね〜」と、評価されなくても、見てくれている、気づいてくれた、わかってもらえている・・ということが、その人を認めていることになるのかもしれません。