人とバッタリ会うことに「苦手意識」 や 「わずらわしさ」を感じていました。

親しい人以外と接するときも、だいぶ気持ちがラクになっています。

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也 です。

 

他人と関わりに ”苦手意識” や ”わずらわしさ” がありました。

 

人に会ったり、話すことに苦手意識があり、緊張しがちでした。

 

例えば、スーパーに行ったときには、ちょっとした知り合いを見かけると

 

避けたい気持ちになることもありました。

 

ときには、あえてルートを変更することも・・・

 

親しい人だったり、気心の知れた友人であれば問題ないのですが、

 

人間関係にわずらわしさを感じていたんです。

 

 

・・ですが、今はそれが薄れて、リラックスできるようになっています。

 

それは 、他人に「どう思われるか」というのが、必要以上に気にならなくなったからかもしれません。

 

 

自分の感情・感覚を整えることで気持ちがラクになっています。

 

これまでは、よく自分を責めていました。

 

理想的な自分と比べて「なんで・・」と問い詰めて

 

できない自分を嫌悪していたことも少なくありませんでした。

 

批判的な目で自分の存在を見ていたことで

 

他人の視線や評価が気になり、自然体ではいられなくなることに・・

 

 

今は自分の弱さも含めて、自分自身にOKを出せています。

 

それもあってか、

 

親しい人以外と接するときも、だいぶ気持ちがラクになっているのを実感してるところです。

 

 

 

どうしても、自分や誰かを責めたり

 

なにか許せないような、そんな気持ちがあるときは、

 

自分とじっくり向き合いながら、感情や感覚を整えていく 心理セラピー が、お役に立てるかもしれません。