子育てや仕事で感じる「不安な気持ち」に寄り添ってみる

「いま、わたしは、不安を感じている」と、自分の気持ちを受け容れていく

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

子育てでも、仕事でも、何かをやろうとするときに「大丈夫かな」「うまくいくかな」「これでいいのかな」といった気持ちになるのは、誰でも経験があることです。

 

そのときの「不安な自分」を受け容れていくことが、生きやすさにつながっていきます。

 

何かを知らせてくれる信号

  

不安は決して快適とはいえないので、避けたい気持ちにもなります。

 

できることなら感じたくない・・・そう思っている人は少くないかもしれません。

 

はじめてのことや、大事な仕事・イベント、交渉や試験などに臨もうとしているときは、特に感じやすくなるもの

 

・・ですが、「◯◯したらどうしよう」と感じるからこそ、そうならないための準備や努力、工夫をすることができます。

 

また、安全を確保して、危険を回避することにもなります。

 

例えば、土地柄がよくわからないところに行ったときは、トラブルが起きないように薄暗い人影のない裏通りを避けたり、怪しいと感じた場所には近づきません。

 

不安は何かを知らせてくれる信号で、自分を守ろうとしているものであるなら、決してワルいものでも、ダメなことでもなく、必要なものだと言えますし、ジャマもの扱いをしなくてもいいかもしれません。

 

「不安なわたし」を、わたしは知っているよ・・

 

とはいえ、「なんか不安だな・・」といったときもあります。

 

その気持ちを避けようとしたり、無理やり振り払おうとすると、逆に強めてしまったり、引きずることにもなるので、

 

応急処置としては、「いま、わたしは、不安を感じている」と、そのことを静かに受け容れていきます。

 

「不安なわたし」を、わたしは知っているよ〜

 

そんなふうに、自分の気持ちに寄り添っていく感じです。

 

少しずつ落ち着きを取り戻しながら、今やることや、できることに気持ちを向けていく・・

 

まずは自分の気持ちをそのまま受け容れることが、自分にやさしくなるコツかもしれません。