「褒められるに値しない」というメッセージを自分に送っていた・・?

相手からの「労い」や「賞賛」の言葉を素直に受けとる

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

ひかえめに、謙遜していたはずが、自分や相手を否定していることに・・・

 

以前は、褒められることに、なんとなく苦手意識というか、素直に受けとれない自分がいました。

 

褒められたときには思わず

 

「いえいえ、そんなことないです」

「大したことではありませんから・・」

「私なんて、まだまだです」

 

・・といった返答をしていたことも、少なくありませんでした。

 

ひかえめにしていたつもりだったのですが、

 

素直に受けとらないことが、相手のことを否定してしまうことにも・・・

 

そして私自身、賞賛の言葉を受けとり損ねただけでなく

 

「わたしは褒められるに値しない」というメッセージを、自分に送っていたのかもしれません。

 

遠慮せずに、謙虚であることが大事かもしれません。

 

否定的な言葉を使っているとすれば、それを刷り込んでしまうことにもなるので

 

言葉遣いを意識してるところです。

 

各分野で活躍している人のインタビューをテレビで見ていると

 

「ありがとうございます。応援してくれるファンや関係者のみなさんのおかげです」

 

といった言葉を耳にします。

 

「ありがとうございます。おかげさまです。」

 

その謙虚な姿勢が、自分にも周りにも心地好いのかもしれません。

 

謙遜よりも謙虚さ

 

相手からの労いや賞賛を、謙虚な気持ちで素直に受けとることをしてから

 

自分を信じる気持ち・・自己肯定感が高まっているのを実感しています。

 

ひかえめにすることは、日本文化の奥ゆかしさでもありますが、

 

言葉遣いによっては否定的な対応にもなってしまうので、普段から気をつけています。