子育てで悩みがちな ” しつけの動機 ” をみつめてみる・・

子どもの成長につながるように「叱ること」が大事かもしれません。

 

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

子育てをしていると、子どもの行動や言葉、態度にイライラするものですよね。

 

きちんとしつけなくては・・という思いから、つい、子どもに感情的になってしまうことも少なくないかもしれません。

 

しつけは、子どもの自立をサポートするのに必要なことですが、そのときに避けたいのは、気分や感情のままに「怒る」こと・・

 

思うようにならないから、イライラするからと、そのうっぷんを晴らすかのように

 

「なんで、いつもそんなことするの!」

 

などと、不満だけをぶつけてしまっては、子どもの気持ちが離れてしまうことにも・・・

 

 

叱ることは、子どもに教えることかもしれません。

 

しつけをするのは “ 子どもにより良くなってもらいたい ” という思いがあるからではないでしょうか。

 

その気持ちをもって、なぜ厳しい口調で話しているのか、子どもが「わかる」ように教えてあげる・・

 

叱るときには、子どもの「おこない」に目を向けて、注意やアドバイスをしていくことが大切かもしれません。

 

「あなたはダメな子ね!」と、子どもの人格を否定するような言葉で責めてしまっては、自信をなくしてしまうことにも・・・

 

何気ない一言が、人としての価値に裁きを与えるているかもしれません。

 

少しキツかったかな・・と思ったときは、抱っこしたり、大きくなったお子さんであれば、背中や頭をポンポンして、スキンシップをとったりと、フォローも忘れずにしていきたいものです^^

 

子どもの特徴として、忘れたり、同じことを繰り返したりもしますが、そのときにも諦めずに何度も伝えることで「あなたのことが大事なんだよ~」というメッセージが伝わるかもしれません。