まずは自分とのコミュニケーションをみつめて自分にやさしくなることが大切かもしれません。

自分を受け容れたときに、他人の視線や評価を必要以上に気にしなくなり、子どもや家族、周りの人とのよりよいコミュニケーションにもつながっていくかもしれません。

 

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

人と話すときには緊張しがちだったり、苦手意識がありました。・・が、今ではそれが薄れて、だいぶリラックスできるようになっています。

 

それはきっと、

 

他人に「どう思われるか」というのが気にならなくなったから・・かもしれません。

 

以前までは、例えば、スーパーに行ったときに、ちょっとした知り合いを見かけると、避けたい気持ちになることもありました。

 

ときには、あえてルートを変更することも・・

 

仲の良い人や、気心の知れた友人であれば問題ないのですが、人間関係にわずらわしさを感じていたんです。

 

自分とじっくり向き合い、感情や感覚を整えていくと、気持ちがラクになりました。

 

これまでの自分を振り返ってみると、自分で自分に”ダメだし”をよくしていました。

 

理想的な自分と比べて「なんで・・」と、自分を問い詰めることがあり、できない自分を嫌悪したことも少なくなかったかもしれません。

 

きっと、批判的な目で自分を見ていたことで、他人の視線や評価が気になり、自然体ではいられなくなることに・・

 

でも今は、自分の弱さも含めて、自分自身にOKを出せています。

 

それもあってか、人と会うときにもだいぶ気楽になっているのを実感しているところです。

 

どうしても、自分や誰かを責めたり、なにか許せないような、そんな気持ちがあるときは・・

 

自分とじっくり向き合うことができる心理セラピーが、お役に立てるかもしれません。

 

【 お知らせ 】  心理セラピー公開セッション in 秋田 開催(残席わずか)

 

 まづ、来てみでね〜「心理セラピー公開セッション in 秋田」開催(詳細はこちらから)

  • 日時:2018年 9月29日(土)11:00 ~ 16:00
  • 場所:秋田市にぎわい交流館AU(あう)
    秋田市中通一丁目4番1号
  • 参加費:3000円(当日ご持参下さい)
  • 定員:20名さま 残席 わずかです