自分の「思い込み」や「決めつけ」に気づいていくことが必要かもしれません

子どもとの何気ないふれあいで視界が広がった・・ある日の出来事

秋田・親子コミュニケーション

カウンセリング・心理セラピー

Advance Garden(アドバンス ガーデン)

 

心理セラピスト 佐々木公也です。

 

 

以前に、次女と散歩をしていたときのことです。

 

考えごとをしながら少し前を歩いていたときに「おとうさん、ザリガニいるよ〜」と背中側から声がしました。

 

どうやら、娘は道路脇の水路を覗いていたようです。

 

「ホントに?」といって2〜3メートルほど戻り、水路を見てみると・・

 

確かにいました、ザリガニが ・・(。・ω・。)

 

周りをよくみてみると、他に3匹もいました。

今の自分の考えが視野を狭めていることもあるかもしれません。

 

そのときのことを振り返ってみると・・私自身に思い込みがありました。

 

というのも、

 

娘が「ザリガニいるよ〜」と言ったあと「ホントに?」と答えたときは、「こんなところにいるの?」という気持ちがあったんです。。

 

ココの水路には何も生息してるワケがない・・と思うと、何かいるかな〜と見ようともしません。

 

きっと普段から、「これはこうだ」「そんなはずはない」「私(彼・彼女)は、◯◯だ」「どうせ、△△だ」・・などと、無意識で思っていることがいろいろとあるのかもしれません。

 

そんな思い込みや決めつけがあるとすれば、あるはずのものが見えていないことも、たくさんあるのかもしれません。

 

・・けど、ザリガニはホント意外でした。

 

子どもって、大人が思っている以上に、見ているものかも・・